おすすめの資格について


おすすめの資格は、弁理士です。 近年の弁理士の増加にともなって受験生のレベルが低下しています。そのため、従前ですととてもじゃないですが合格の域に達しない程度の知識でも合格が可能となっています。また、受験機関の受験用の資料も充実してきているので、早期に必要なことを習得できるようになっています。 弁理士は、国家資格です。特許や商標の出願等の特許庁との手続の代理を専門的にすることの出来ます。弁理士以外の人がそのような代理をすれば、非弁行為として弁理士法違反となります。 世の中の企業には、弁理士を従業員として抱えているのは大企業にほぼ限られています。現在は特許事務所勤務よりも企業の就職の際に弁理士であることを武器に就職試験を受けることをお薦めします。企業の方が弁理士を必要としている場合が多いのです。 また、弁理士になれば、仕事が国際的になります。それは、顧客が外国出願を希望することがあるからです。各国の現地の代理人と連絡を取り合って仕事をすることになります。ですので、語学の堪能な方が弁理士になれば大きな武器になります。 また、弁理士になりますと企業のトップクラスの方と知り合いになることができます。経営戦略として特許をどのように活用するかの相談をしてくることが多いからです。 さらに、弁理士になりますと今まで関わったことのない技術を知ることができます。元技術者としてはそれが楽しみだという人がいます。実際に楽しい仕事です。